かつらと植毛、どっちが安い?

かつらと植毛、どっちが安い?

薄毛をカバーするには、かつらのほかに植毛という方法もあります。
植毛とかつらにかかるそれぞれの費用を比較してみましょう。

植毛とは?

植毛は、自毛や人工毛を直接頭皮に植え付ける方法です。
医療行為になりますが、保険は適用されないので、最初にかかる費用はかつらに比べて高額になります。

自毛を植毛する場合、後頭部などの目立たない部分の毛を毛根ごと切り取って、薄毛の部分に植え付けます。
植え付けた毛根がしっかり定着すると、その部分は自分の髪の毛の一部となるので、そのまま順調に伸びていって長さがそろえば、薄毛になる前の状態を持続することができます。
しかし、植え付けた後に定着せずに抜け落ちてしまう可能性もありますし、自然な頭髪になるまでは、かなり期間を必要とします。
それまでは、やはりかつらを使用してカバーする必要があります。

人工毛植毛は、ポリエステルなどの素材から作られた人工毛を、薄毛の部分に植え付ける方法です。
施術の内容は、自毛植毛とあまり変わりませんが、事前に自分の頭髪を切り取る必要がないので自毛植毛よりはお手軽です。
また、髪質やカラーや長さなどを自由に選べるので、定着したり伸びる期間を待つことなく、好きな部分に好きなだけ増やすことができます。

しかし、頭皮に直接人工的な物質を植え込むことによって、拒否反応などが出て炎症や化膿を起こす危険性があるので、あまりおすすめはできません。
仮に施術後特に問題がなかったとしても、人工毛は大体1年位、最長でも3年ほどで抜け落ちてしまいます
その度ごとに植毛をするのは、頭皮に負担もかかるし、費用もかさんでしまいます。

植毛にかかる費用

自毛植毛は、基本的に本数ではなく、「株」という単位が使われます。
1株は1つの毛穴のことで、そこから生えている毛は1本〜3本、平均すると2本くらいになります。

自毛植毛にかかる費用は、手術の種類や病院によっても異なりますが、大体1000株(2000本)で50万円以上になります。
このほかに別途手術代がかかることもあり、初期費用は100万円くらいを考えておいたほうがいいでしょう。
ただ、植え付けた毛根が定着すれば、その後は自分の生えている頭髪と同じ状態なので、定期的なメンテナンスや追加費用などは必要ありません。

人工毛を植毛する場合、自分の毛根を切り取る手術は必要ないので、大体1000本で25万円、2000本で50万円くらいとなり、自毛植毛よりは少し安めです。
しかし、自毛植毛と違い1、2年で抜け落ちてしまうので、持続させるには毎年数十万円かかり、コストパフォーマンスはいいとは言えません。

かつらと植毛どっちがお得?

かつらと植毛の費用を比較してみると、自毛植毛なら初回に100万円、人工毛植毛なら毎年数十万、かつらは購入時に5万円〜20万円
費用としては、断然かつらがお安く済みます。
かつらもメンテナンスに多少費用がかかったり、毛量の変化や年齢に合わせて作り直すこともあると思います。でも、5つ作ったとしても最高で100万円程度で済みますし、一括で払うような負担もないですね。

長い目で見れば、自毛植毛もお得ではありますが、自分の頭皮を切り取ることによる負担や手術跡が残るリスクもあります
定着するまで部分的にかつらを使用するのなら、そのかつらの費用もかかってしまいます。手軽さや一度にかかる費用から見ると、植毛よりはかつらが優れていると言えますね。

トップへ戻る